読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創作活動ブログ 器用貧乏

なんでもそこそこできるけど極めるほどハマれない、器用貧乏な筆者が創作活動における成長の過程を貼っていきます。

太ってたっていいじゃない・・・。電車内の気まずい会話を解決。「単に太っていますマーク」(おもちゃ其の15)

生活おもちゃ

f:id:shine4step:20140127135038j:plain

 

電車でやっと座れたと思った瞬間、目の前に妊婦さんが現れたらあなたはどうする?さっと席を譲る?それともさっと顔を伏せる? 

私は子供ができるまでは間違いなく後者だった。「俺の方が疲れてるし・・・」「ってかこの人が妊婦かどうかわからんし」なとと自分に言い聞かせていた。

 

しかし子供ができると変わるものだ。目の前で自分の妻が苦しんでる姿を毎日毎日見せられた後だと、ほかの妊婦さんにも「いやー大変ですよね」っていう情がわいてくる。

 

本当に席を譲るべき妊婦さんは見た目にはわからない場合が多い。一番きつい時期はつわりの時期で、このときお腹はそれほど目立たないが、すぐ気分が悪くなったり、安静にしていないと切迫早産になったりするらしい(お腹が大きくなって安定期に入った妊婦さんは、確かに体は重いけどそこまで辛くはないらしい)。

そのため、「マタニティマーク」といわれる、妊婦であることを示す印(キーホルダー等)をつけている人が最近は多くなった。このマークを見かけたら、積極的に席を譲ってあげよう。

例えばこんなん→「ベイビーインミー」http://www.baby-in-me.com/main.html

 

しかし、マークをつけていないけど妊婦っぽい人がいた場合、判断が難しい。単に太っているだけかもしれなからだ。

 

そんなときに役に立つのがこちら。

 

「単に太っていますマーク」。

 

(イメージ)

f:id:shine4step:20140127124150j:plain

 

「自分は妊婦に間違われるかもしれない」という女性に、自主的にこのマークをつけてもらおう。

これで「席どうぞ。」「いえいえ、私妊婦じゃないんで」っていうあのむなしい会話を解消することができるだろう。

 

私自身、まあまあ太ってて万年ダイエッターをやっとりますが、こうやって笑い飛ばすくらいがちょうどいいんじゃないすか。そうじゃないとやってらんないよ!