読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創作活動ブログ 器用貧乏

なんでもそこそこできるけど極めるほどハマれない、器用貧乏な筆者が創作活動における成長の過程を貼っていきます。

マックで店員に「出てけ!」と言われないために。「フェイクバーガー」(おもちゃ其の9)

f:id:shine4step:20140126160654j:plain

 

マクドナルドが最近人気落としてるみたいで。

確かに謎の高級路線とか急ぐあまりのテキトーバーガーとか、なかなかのロークオリティ。

 

かの有名プロブロガー、イケダハヤト氏のブログにもこんな記事があった。

マクドナルド失墜の原因は行き過ぎた「効率主義」にある」

 → http://www.ikedahayato.com/20131223/1810810.html

 

イケダハヤト氏と同様のことを私も実際に体験したことがある。

 

 

大学生時代、何かの試験前で、連日マックで勉強していた時。

バーガーはとっくに食べ終わり、コーヒー飲みながら勉強していると

「長時間のご利用はお控えください」的なことを言われて、追い出されてしまった。

コーヒー残りちょっとだけどまだ飲んでんじゃん、俺毎日お金落としている良客だし、しかもまた小腹減ったらなんか頼むかもしれないよ?俺結構大食いだよ?とかいろいろ思いながらも、しょうがないので渋々違うカフェに移動するしかなかった。

 

まあ、深夜にファミレスで勉強してうつらうつらしてたら「当店は睡眠禁止です」と意味不明なこと言われたこともあるし、それに比べればマシかなとは思うけど。

スタバだったら絶対そんなこと言われないなあ。

 

というわけで、マックで追い出されないためにはどうしたらいいか。

と考えたのは、いくら効率主義のマックさんでも、「バーガーに手を付けていない客は追い出さないだろう」ということ。

 

そこで登場するのがこちらの「フェイクバーガー」。

要は食品サンプルみたいなもん。

 

(イメージ)

f:id:shine4step:20140121114600j:plain

(使い方)

マックで好きなバーガーをチョイスし、食べる。

この時できるだけ包み紙を汚さないようにするとよいだろう。

食べ終わった紙で本製品を包んで置いておく。

以上

 

これによって「バーガーまだ食べてない状態」を疑似的に作り出すことができる。

店員は、完全に声をかけるきっかけを失うことだろう。

 

まあしかしあまり用もないのに長居するのは迷惑なので、使用はケースバイケースで。

 

 

・・・ちなみに丸洗いできます。